FC2ブログ

ダスキンのモッp(ryな日々

気まぐれで作ったブログで良ければ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばれんたいんにきみとぼく。後編+おまけ(注:めっちゃ長いです)

いよいよだ。自然と早くなる鼓動を感じながら、ボクは時が来るのを待つ。



放課後、ボクは親友に別れを告げて走り出す。
親友は笑って送り出してくれた。しっかりやりなさいよ、と含みのある言葉を背に受けて、ボクは彼を探して校内を走り回る。
彼とボクの学科は違っていて、今日は彼の方が早く終わっているらしいけど…まだ残っている、という無茶苦茶なな希望的観測を持つしかなかった。


…彼の学科のある棟をしばらく走り回り、もう帰ったかなと思い始めた頃、彼に似た声を聴いた気がしてふと足を止める。
どうやら人気のない教室からのようだけど…一応、確認のためだ、とドアそっと少しだけ開けて中を覗き込む。

少し開いた隙間から差し込む夕暮れ時の朱色の光の中に、彼が立っていた。心臓がドキンと跳ねるのを感じながら、ボクは視覚と聴覚を必死で研ぎ澄ます。
プライバシーの侵害だ、と良心が騒ぎ立てるけど、今回ばかりは黙っててもらおう。

「……のさ、これ…」
と、そうしている間に女の子の声が耳に入ってくる。
ああ、やっぱりか。…そうだよね。
「ん…ありがとう。…で…さ俺達…………だよ」
ききたくない、みたくないのに。
なんであしがうごかないんだろう?
「まあ、それは………ってことで。いいじゃんよ、どう…、……からも……ないでしょ」
「……できないけどさ」
いやだ。いやだ。いやだ。
滲んだ景色の中で、二つの影が抱き合うところを見た瞬間、ボクの体はそこから逃避していた。


走る、走る、走る。
ボロボロと頬を伝って落ちていく水滴を必死に拭いながらボクはただ走る。

「あっ…来た来た…って、どうしたの!?」
どこを走っているのかわからないまま走り続けていると、いきなり抱き止められる。
混乱しっぱなしの脳で滲んだ視界を解析し、理解する。
どうやら、別れた場所で待機していた親友が闇雲に走っていたボクを抱きとめてくれたらしい。
「ひぐっ…あ、あのねっ、ボ…ボクがしてきた…こと、うっ、全部ねっ、無駄になっちゃった……」
嗚咽と息切れに邪魔されながらもボクは必死に言葉を紡ぐ。
親友はどこか沈痛な表情を浮かべて、ボクの肩を抱く。
そのまま移動させられるのを感じながら、ボクはさっきの情景をただ繰り返していた。












「落ち着いた?」
しばらくして、誰もいない教室で親友が聞いてくる。
まだ涙と嗚咽は収まってないけれど一応頷いておく。…これ以上、彼女に迷惑をかけるわけにはいかない。
「で、何があったのよ…」
申し訳なさそうに訊く親友。ボクは、ことのあらましを彼女に告げる。
彼女はしばらく苦虫を噛み潰したような表情を浮かべていたが、ため息をついてボクに向き直る。
「…んー…何と言うか…。あのね、きっとアンタのやってきたことは、そしてアンタの思いはきっと無駄にはならない」
「確証、もない、のにっ…」
「いいから聞きなさいな」
言い返そうとしたが、真面目な顔で言い返されたのでボクは口を紡ぐ。
「他にチョコ渡している人がいた?だからアンタは諦めちゃうの?そんなことで、諦めちゃうの?」
「ボクだって、諦めたくない…っ!…だけど、それはあの人を困らせるだけだもの…」
「そんなことにはならない。確証は無いってアンタは言うけどさ。それこそ何の根拠もないじゃん。やるだけやりなさい。その後で、泣きなさい。」
「……」
険しい表情で、辛辣な言葉をかけてくる親友をまともに見れずに、ボクは項垂れる。
またあんな絶望を味わえと、この親友は言ってるのか。
そんなどこかもやもやした考えを抱いているのを見据えたように、彼女は少し声のトーンを落とした。




「…まだアンタには、チャンスが残ってるのに」



…ああ、そうだった。
ボクは、彼女の思いも汲んでやるべきだったのに。
…涙を拭ってボクは立ち上がる。どれだけ自分が彼女に酷い仕打ちをしていたのかを思い知りながら、ボクは口を開いた。

「…ごめん。君の、言うとおりだった。ごめん、ごめんね…」
「いいって。…早く、行きなさい」
どこか涙声の彼女にもう一度謝って、ボクは再び走り出す。
顔は酷いけれど、気にしている暇は無い。
ただ、駆ける。








しばらく走って、ようやく彼の姿を見つける。
かなり走り回ったけど、彼がまだ帰ってないのは運がよかった。
だから、ボクはそれに感謝しつつ彼の肩をそっと叩く。
驚いた表情をした彼が、振り向く。心臓が、跳ねる。
勇気を振り絞って、それを言葉にしよう。
胸の前に抱いた、この箱と共に、彼に…

「ん…と、どうしたんだ?」

少しだけ、照れたような困ったような表情で彼が言う。

ボクは、震える唇を、動かす。

「あ、あのね…。キミは覚えてないかもしれないけれど、」

あの時、キミの手が無ければ。ボクは、ここまでこれなかった。

「ボクはずっと、この大学で会うより前からずっと、」

だから、キミにこう言える喜びをかみ締めて、思いを。





「キミのことが、好きでした」






顔が染まる。けれど、まだやりたいことは終わってない。

「だか、ら…これを受け取っ…ふえ?」
出した箱をいきなり取られ、思わずボクは間抜けな声をあげる。
顔を上げれば、懐かしい笑顔があった。

「…俺も、キミのことがずっと好きだった。あの日、君の手を引いたときから、ずっと」

彼は、そう言って、ボクの体を抱きしめる。

「だから、これは君の思いと一緒に、受け止めるよ。ありがとうな」


懐かしい笑顔が、涙で滲む。彼が、「やっぱ泣き虫なのは変わんないな」と優しく笑う。


ちがう、かなしいからないてるんじゃないの、うれしすぎて、しあわせすぎてなみだがでるんだ、って返す。

彼が笑って、ボクをまた抱きしめてくれて。







…唇が、重なった。 [ばれんたいんにきみとぼく。後編+おまけ(注:めっちゃ長いです)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 02:05:27|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばれんたいんにきみとぼく。 中編

目を覚ます。
時計を確認して、いつもの時間より少し早めに起きたことを知り、ボクは安堵のため息をついた。
学校に遅れると、あの人に渡しそびれてしまう可能性が高いし、踏ん切りがつかなくなってしまいそうな気がして、正直冷や冷やしていた。
少し間を空けて鳴り出した携帯のアラームを止め、ボクは大きく伸びをして立ち上がる。

そのまま自分で作った朝食を食べ、学校へ行く支度を終え、最後に昨日自分でラッピングした箱を手に取る。
フライング気味の羞恥が再び顔を染めるのを感じながらも、ボクは玄関を開けて家を飛び出した。





…愛しい人に、思いを伝えるために。













顔を染めつつも学校に着く。
誰かに顔を見られて気取られるのはイヤなので、少しうつむきながら廊下を歩く。
周りに視線をめぐらせると、あちこちで桃色の空間が形成されているのがよく分かる。

いつもなら唾棄したいほどうっとおしく感じるのだが、今日は何故だかそれを心地よく感じた。
鞄の中にしっかり入れた箱が、どこか陽気な音を立てているように思えて、ボクの顔も自然に綻ぶ。

祭りは準備しているのが一番楽しいのだ、とどこかの誰かが言っていたど、それも案外間違いではないのだなと思い始めるほど、ボクは高揚していた。

教室に入り、鞄を置く。それを合図にしたように、親友がこちらに歩いてきた。
「おはよう」
「…おはよう」
「なんだか随分楽しそうじゃん。…まあ、気持ちはよくわかるけどね」
いつもどうりに言ったつもりだったが…はて、今のボクはそんなに楽しそうだろうか?
「あんたは顔にすぐでるもの。それに、鼻歌なんか歌いながらスキップで教室に入るなんて、こういう日じゃなかったらあんたがとうとうおかしくなったんじゃないかって思うわよ」
…最後の一言は余計なのになぁ…
でも、そんなに楽しそうに見えるのなら、少しは自重するべきなのだろうか?
「…もうちょっと、控えたほうがいい、かな」
「ああ、いやいや。こういう日だし浮かれるのは自然だよ。だけど、あんたがそんなにハッピーな様子なんて滅多に見れないから珍しくって、ね」
どうやら少しからかわれていたらしい…。少しむくれると、彼女は私のツーサイドにまとめた髪に優しく触れながらからからと陽気に笑った。
これは彼女の癖みたいなものだが…なんだか悪い気はしない。ボクの髪ってそんなに触り心地いいのかな?
けど、これに関することを言ってしまうと、イジられ放題になってしまう。故にボクは、先手を打つことにした。
「…そっちこそ、チョコ渡さないの?」
「え?あたし?…たはは、そんな気分にはなれないかなーって」
最近彼氏と大喧嘩したらしい彼女は、明らかにしょげた表情を浮かべる。
ちょっと意地悪したかな、と言うと、大丈夫と言いながら笑みを浮かべたのでボクも追求を止めた。

「それより、ちゃんと渡さないとね…あんたがちゃんと渡せるか、あたしゃ心配だよ」
「なんだかお母さんみたいだよ…」
やれやれと肩をすくめる親友にボクは苦笑する。と、チャイムが鳴り始めたので話を途中で切ってボクらはそれぞれの席に戻る。


…授業にこんなに身が入らないのは初めてかもしれない。
何もしないで終わる授業が積み重なっていくにつれて、また頬が紅潮していくのを感じながらボクは時間を無作為に過ごす。
親友はなんやかんやと揶揄してきたが、生返事を繰り返すとやれやれと肩をすくめ、揶揄するのを諦めてこう渡せばいい、とかそういう講義?をしてきた。

「もう、これじゃ面白くないじゃん」
昼休み、食堂にて御飯を食べながら親友が言う。ことごとく講義モドキに生返事をしていた事に少なからず怒ってると思っていたので、素直に謝る。
「…ごめん」
「いや、謝らなくていいんだけどさ」
ロクに食べ物が喉を通らないボクを見透かしたように親友は苦笑し、人差し指を立てる。
「いい、女は度胸よ!一気に告白して、勢いでッ(ry」
「あはは…」
今度はボクが苦笑いか。お茶を飲みながらそんなことを考え、鞄に視線を飛ばす。
「まあ、ホントに上手くいくといいね」
「…うん」
そんなボクを見て、彼女は先程と違った柔らかく言う。
そんな彼女に、適当な返事しか返せない自分に少し腹が立つ。
友をないがしろにしてまで、ボクは敢行すべきなのだろうかと、今更ながらそんな思いが首をもたげる。
「ほらほら、そんなに気にしないの。あたしだって、喧嘩した後はそんな感じだったでしょうに」
…ずっと柔らかい笑みで、こう言ってくれる彼女に少し舌を巻く。
…………だから、
「ごめんね、ありがとう」
「いいっていいって。放課後、頑張りなさいな」
そう言ってくれた親友に微笑んで、ボクは残りの授業の先にある試練に立ち向かう覚悟を、改めて決意した。



―続く


なんか長くなったよorz
大事なトコで終わるか俺www
とにかく、続きはまた今度になりますお…orz
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんn(ry
…すんません、今回はこの辺で…



  1. 2009/02/19(木) 01:15:38|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばれんたいんにきみとぼく。 前編

―願わくば、将来キミと共に道を歩む大切な人がボクでありますように
















明日は、バレンタイン。
ここまでが凄く長かったように思えるし、短かったようにも思える。
ようやくラッピングを終えた小さな箱を前に、ボクは未だかつて無いほどの高揚感に包まれていた。
高揚感のせいか少し震える手でそれを少し離れた場所に置いて、片付けを始める。
なるべく淡々と片付けをしていたつもりだったが、何回か食器やら器具やらを落としてしまったのだけど、ボクのこの高揚感は少しも揺らぐことは無かった。




キミは知らないよね。
覚えてないと思う。


でも、ボクにとってはとっても大切な思い出なんだよ?

きっかけは、本当に些細などうでもいいこと。

日陰で泣いてるだけだったボクを、外に連れ出してくれた。友達に、初めての友達になってくれた。

たったそれだけ。


でも、そのおかげでボクは笑顔を知ることができた。笑顔は、愛想のためにだけあるのではないのだと、知った。

ずっと、彼にお礼が言いたかった。
いつしか、その思いは恋慕へと変わっていた。
今は、ただ側にいてほしい。
ボクの手を、また引いていって欲しい。


そうずっと思い続けていた思いが焼き切れかけていた頃に、大学の入学式の時に成長した彼を見つけた時、どれほど嬉しかっただろう。





―その時のことを思い出した途端、熱くなり始める頬を洗い物で冷えた手で冷やす。
それでも、まだまだ熱の収まらない自分の頬に苦笑する。
今こんな状態では、いざと言うとき失神してしまいそうだ、と少し自嘲する。
ああ、恋とはこんなにも胸を焦がすものなのか。
こんなに胸を焼き尽くすような強い感情なのか。
これも、キミが教えてくれた。


…今日はもう寝よう。
寝られるかどうかは分からないけど。
…夢の中でも、キミに会えたら嬉しいな。











ごめん、時間がなかったんd(ry
とりあえず前編ということでお願いします。
書いてみたけどさ…これ、顛末は幸せにしてやりたいです、ホントに。
では、また完成したときにでも。
それでは。

  1. 2009/02/16(月) 01:40:34|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらのーダスキンver.-第二章「荒木 浩二」⑤

「コージ、戦えっ!」
「なっ…!サエキ!」
未だ呆然としていたコージに苛立ったようにサエキは叫び、チィコがマリサの腕を見て失神していたコトバを支えながら吠える。が、
「…チィコ、やめろ。…サエキ…お前さ、お前も戦えんのかよ…。いや、マシロもコトバもカズも…お前ら、皆戦えんのかよ?…大事な奴が死んだのに、守りたい奴が死んだのに…」
しばらく、無言の時間が流れる。その合間にも敵は近づき、レーザーを撃とうと構える。
「…ボクは、戦う。戦える。ボク達の、この世界の為に。ボクは、例え大事な人を失ってしまおうと…その人がいた世界を守る為なら、戦えるよ」
「……」
「ああ、そうだ。コージ。お前の戦いの後は、任せてもらっていいから。…頼む、マリサの事が無かったことにされない為にも…戦ってくれ」
「…」
黙り込むコージの頬を、握り締めていた右手の指が、撫でた気がした。




『茶番は終わりですか?全く…』
ヘラヘラと笑うアリアを、コージは睨んで黙らせ、席に戻って前を向く。

ー守りたかった。


腕を振り上げるように念じる。レーザーは、勘でかわす。

-お前の存在だけは、

吠える。殴る。吠える。殴る。殴る。殴る。吠える。

ー守りたかった、のに


「ぅぁあぁああぁあ!」

コージの放った会心の一撃は凄まじい音と共に相手の機体を貫通した。すぐに、抵抗していた相手は動きを止める。
「コージ…」
しばし訪れた沈黙を、コトバが破る。コージはそれに答えずに虚ろな目で、膝の上に置いていたマリサの腕を抱きしめる。
「…マリサ…マリサ…俺も、そっちに行くから…。今度こそ、二人で、二人で…一緒…に…」



ドサッ








「…」
無言の世界の中、ゆっくりとコージだったものが消えていく。マリサの、腕と共に…。


そして、また椅子のルーレットが回りだす。くるくると、どこか、彼らを嘲笑うように。
  1. 2008/11/24(月) 20:46:45|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらのーダスキンver.-第二章「荒木 浩二」④

コクピットの端付近に爆撃があたり、マリサは足をすべらし、またコクピットの端にぶらさがる状態になってしまった。
急いで上ろうとするが手汗のせいか片手をすべらし腕一本でぶらさがる体制になる。
爆撃を放った戦闘機は敵のレーザーで既に撃ち落とされていたが、別の戦闘機が再び爆撃を放つ。
「マリサッ!」
コージが再び席を立つがテツに止められる。
「そうだ!アリア、マリサをこっちに転送してくれ!」
コージがアリアに頼む。しかしアリアの口から出た言葉は意外なものだった。
『態度が気に入りませんね』
コクピットの端では爆発音が続いている。コージは焦る。
「早くしてくれ!頼む!」
『それ相応の態度ってものがあるでしょう』
アリアがくすくすと笑いながら答える。
「アリア!早くしろ!」
コージが語勢を強めた瞬間、また大きな爆撃が機体を襲い、そして
「コージぃっ…!!」
マリサの引っかかっていた手が、消えた。
「見るな。見ない方が、いい」
反射的に視界をズームしようとしたコージの視界を、サエキは静かに言いながら手で遮る。
しばらく誰も動かず、何も言わない時間が続いた。皆顔色が悪く、女性陣の中には泣いている者もいた。
そして、アリアがまた意地悪そうな耳障りな声で嘲笑う。
『あぁ…そう言えば彼女をここに転送して欲しいんでしたっけ?』
「アリア、よせっ!」
テツが珍しく大声を出すが、アリアはそれを無視する。
すぐに風を切るような音がして、それが転送された。
「あ…ぁあ…」
いつも意地悪な、しかし優しい笑顔を浮かべながら自分をつついていた右腕が、鮮血に染められた白い右腕が、右腕だけが、そこにあった。
『おやおや、ちょっとミスしちゃいましたかねぇ』
「ぁ…あ…」
「嘘…ホントに…?」
アズの呆然とした呟きの中、コージはふらふらとコクピットの中心部に行き、置かれている腕を汚れるのも厭わず抱き締める。
『感傷に浸る暇など、ないですよ』
一変して冷たさを増したアリアの言葉に呼応するように、敵が再び動き始める。-その相手の顔のようなパーツに刻まれているスリットに灯る光が、一つ減ったことを彼らは知る由も無かった。

  1. 2008/11/24(月) 20:40:23|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。