FC2ブログ

ダスキンのモッp(ryな日々

気まぐれで作ったブログで良ければ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくらの-ダスキンver.ー第二章「荒木 浩二」

あれから、数日が経った。「レジスタ」が戦ったことによる死亡者数は、数人程度。それでも、俺達の街は大きな悲しみに覆われていた。





「…マシロ」
タイラの葬式の後、テツは彼女の名を呼んだ。が、コトバがその間に割って入る。
「テツ、お願い。今は、そっとしてあげて…」
諭すような冷静な言い方だったが、その中に激しい動揺を感じ取り、テツは無言で頷いて踵を返した。
「…マシロ…、あなたのせいじゃないんだから…」
「でも、ボクがあんなに気安く契約しなかったらタイラはきっと…。チィコだってあんな風にはならなかったと思うんだよ…」
「…」
とつとつと話すマシロに、コトバは何も言えなかった。無言の彼女に、マシロはもう少し言葉を追加した。
「…ボク、昔からそうだよね…。チィコ、今度こそボクに愛想尽かしちゃうかな…はは…」
「そんなこと言わないの。チィコは、マシロを嫌いになんてならないよ」
虚しく響く笑いを繰り返すマシロにコトバはそう呟き、少し歩みを速めた。

「…」
その頃、左腕全域に広がる唐草模様をコージはぼんやりと眺めていた。
「…コージ」
「マリサか?どうしたよ」
自分を呼びかけた人物に振り向かないままコージは訊き、マリサは少し逡巡した後、言う。
「もう献花したのか?」
「…何の冗談だよ。もうすぐ俺も花を手向けられるのに、献花なんて何の意味があるんだ」
「あ、うん、そうだよな。ごめん…」
苦々しげに吐き捨てたコージにマリサは慌てて謝る。そして、息を吐いて作った笑顔を顔に浮かべ、口を開く。
「あ、あのさ。せっかくだからどっか遊びに行かねえか?その、気晴らしになると思うし…」
「…れ」
「え?」
「黙れ、黙れ!何でだよ、何でだ!どうして俺が死ななきゃなんねえんだよ…!」
「コージ…」
「俺が何したよ?普通に過ごしてきただけなのに、何で…」
喚き続けるコージの姿に、マリサはひどく狼狽し、涙すら浮かべていた。「絶対の死」という最高のリアルの前では、自分達の存在があまりにも単純なのだと、彼女は知覚せざるをえなかった。
「…帰れ」
「コージ…」
「帰れよッ!」
「…うん」
涙声で走り去っていくマリサの姿が消え去ってから、コージは自分が何をしたのか理解し、頭をかきむしった。
「くそ…っ…どうすりゃいいんだよぉ…」
コージの叫びは、朱に染まる空へと消えた。 [ぼくらの-ダスキンver.ー第二章「荒木 浩二」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 07:40:54|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらの-ダスキンver.-第一章「片山 泰平」?

「おいタイラ、何やってんだよ!」
「うるさいっ!」
テツの咎めるような声にタイラは怒鳴って返し、「先輩」がやったように山の方へ家を潰さないようになるべく慎重かつ大股で走る。
「くそっ、あいつ全然下のこと考えてねえな」
マリサが家を潰しながら追う敵を見て歯ぎしりしながらそう言い、アズは悲しそうに顔を歪ませた。
「よっしゃ、来い!」
家も何も無いところでタイラは後ろに振り向くように「レジスタ」に指示し、追って来ていた相手に一撃与える。だが、何枚か装甲を散らしただけで相手を止めるには至らず、体当たりでバランスを崩された。
「くっ…」
「タイラ、危ない!」
うろたえたタイラに、チィコが呼びかけた瞬間、「敵」の遠心力により相当なスピードを持った尾が「レジスタ」を直撃し、機体は激しい音を立てて倒れた。
『このコックピットは、フローティング構造ですから倒されても平気ですよ』
「アリアっ!」
どこか楽しむように喋るアリアに、タイラはややキツい言葉で話しかけ、こう続けた。
「『レジスタ』の機構ってどうなってるんだ?」
『…いちいち訊きなさんな。自分で調べてみなさい』
突き放すような言い方にタイラは少し不満そうな表情を浮かべて視線をさまよわせたが、
「…なるほどな」
そう呟いて、追撃をしにきた「敵」に左に見えていた足で蹴りをかます。
「いつまでも…」
「レジスタ」はそのまま起き上がり、二本目の足で体節を串刺しにし、そのままリボルバーのように下を回転させて、足を体節に突き刺していく。
「なめんじゃねえ!」
タイラが吠えると同時に、最後に残った頭の 部分に足が刺さり、抵抗していた「敵」の動きが停止した。
「やったね!」
笑顔で言うマシロに、タイラは無言の笑顔で返す。と、空中にあった椅子がエレベーターのように降りだした。
『これで第一戦終了ですね』
「なかなか面白いな、このゲーム」
『ありがとうございます』
「マシロ、」
そこまで言ったところで、タイラの体が糸の切れた操り人形のようにドタリと倒れた。
「え…と、タイラ、君?…何の冗談かな?」
「コトバ、マシロを頼む」
[ぼくらの-ダスキンver.-第一章「片山 泰平」?]の続きを読む
  1. 2008/05/01(木) 15:52:51|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらの-ダスキンver.-第一章「片山 泰平」?

「あ…っ?」
夕陽の差す帰り道から、昨日見たばかりの薄暗い空間に召喚され、皆一様に呆けた声を出した。
『皆さんお帰りのところ申し訳ないですね』
昨日見たばかりのアリアと呼ばれていた不可思議な物体が彼らの目の前にまた現れ、元々笑っているように見える口らしき部分から鋭い歯を見せてくっくっと笑う。
「あ…、これ、あの先輩の…」
辺りをキョロキョロと見回したマシロが驚いた声をあげ、落ちていたメガネを拾ってかける。
「これ伊達だ…。に、似合うかな?」
「良く似合ってんぜ」
赤くなって訊いたマシロに、タイラを筆頭に次々に賛辞の言葉が投げかけられ、彼女は真っ赤になってはにかんだ。と、
『今あなた達の頭の中を覗いてる最中ですから、改めて自己紹介したらどうです?』
いつの間にか消えていたアリアの声がどこからともなく響き、彼らは顔を見合わせる。
「えっと、ボクは白鳥 摩子です。マシロって呼んでね」
「小島 千尋!チィコって呼ばれてるよ!」
この様な感じで皆が自分の名前を名乗り終えた直後、ヒュッと軽い音と共にアリアが現れた。
『お待たせしましたね。今からあなた達の場所を出しますよ』
その言葉と同時に、ジリジリと言う音と共に空中から何かが現れる。
『見覚えのあるところがあるハズですよ』
アリアがそう言うまでもなく、皆あちこちに行きながら円形に並んだ「それ」らに近づく。
「あ、これ俺のだな」
タイラがそう言って座った勉強用に使う木製の椅子の隣で、テツがパイプ椅子に座っていた。
「ベンチ?何でそんなの…」
「あ、いや、ちょっと思い出があってね」
その向かい側のコトバは、自分の勉強用の椅子に座りながら、隣のベンチに座るトモに呆れたように言い、トモは少し恥ずかしそうに答えた。
「…」
「そ…それ、駐車場とかの車止めだよね…?」
サエキは自分の前に現れた「場所」を呆然と眺め、アズが椅子に座りながらおずおずと話しかけていた。
「アユは化粧台の椅子だな」
「マリサのそれって何?」
「俺は…パソコン用の椅子だな…」
各々がバラバラの感想を漏らしながら椅子につき、最後にマシロが自分の椅子に座ったところでアリアが彼らを見回す。
「『印』が出たのは誰です?」
「俺だ」
手を挙げたタイラに、アリアは向き直りまた歯を剥き出してこう言った。
『じゃあ、始めましょうか』
[ぼくらの-ダスキンver.-第一章「片山 泰平」?]の続きを読む
  1. 2008/05/01(木) 15:34:13|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらの-ダスキンver.- 第一章「片山 泰平」?

時計は3時を指していた。
あれは一体何だったんだろう。巨大なロボット、レーザー、潰れる核。すべてが新鮮だった。憧れのSFの世界の中にいた。
「何かの本にもあったよな、こんなの」
そう呟いた瞬間、脳裏に閃光が走った。脳内の記憶フォルダからさっきまでの戦いと昔読んだ本の記憶を照らし合わせると何かを確信した。これを何かに書かなくてはならない。
近くにあったノートにペンを走らせてゆく。鼓動が激しさを増してゆく。
ゲーム?冗談じゃない!
全てを書き終えた頃、空はすっかり明るんでいた。
リビングでテレビを見ながら朝食をとる。両親はすでに仕事に行ったようだ。ニュースでは昨日の「ゲーム」のことが報道されていた。頭の悪そうなアナウンサーがロボットの形を「腕足ともに三本の人間、あるいはクモのような形状」と表現した。腕足ともに三本の人間ってのは流石に無理があるだろ。タイラは苦笑せざるをえなかった。先輩はなるべく被害を出さないように戦ってたようだが被害者の数は相当なものだったらしい。画面に表示される踏み潰された建物や死んでしまった人の数がゲームの悲惨さを物語っていた。
誰もいないリビングに「ごちそうさま」の声がこだまする。誰もいなくてもご飯を作ってくれた人に感謝する。この習慣はこれからも変わらないだろう。生きているかぎり。
時計はもう8時を指していた。

遅刻ぎりぎりで教室に入るタイラ。一睡もしてないのは一目瞭然だった。教室内はやけに空席が目立つ。教師の話によると欠席している生徒は皆昨日の巨大「怪獣」襲来によって被害を受けたらしい。こんなことがあと12回もあるのかと思うとタイラ達は気が重くなった。マシロにいたっては今にも泣きそうな表情だ。
結局その日は学級閉鎖になり昼に帰ることになった。

「で、そのかっこいい入れ墨は何?」
帰り道コトバがタイラの袖からのぞく鳥の羽のような入れ墨について尋ねる。
「さぁ?なんだろねぇ」
へらへらと笑うタイラ自身も昨日まではなかった入れ墨については知るよしもない。
「た、タイラがグレちゃってもボクはタイラの友達だよ」マシロが心配そうに言う。
「こいつにそんな度胸ねぇよ」
テツの一言にみんなは笑うがタイラはどうしても笑えずにいた。
昨日の戦いを思い出す。地球の存亡を賭けた戦い。もう後戻りはできない気がした。
その瞬間タイラ達の視界にノイズが走った。
  1. 2008/05/01(木) 15:24:56|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくらの-ダスキンver.-序章「先輩」?

-その夜


「ふう、やっと宿題終わったぁ…」
大きく伸びをしながら寝間着姿のマシロは言って、時計を見る。長針と短針が十二の位置で重なりそうになっていた。
「もう、寝ようかなぁ…」
彼女がしばらく伸びをした後、そう言いながら布団に手をかけた瞬間。
「あれ?」
目の前に一瞬ノイズが走ったかと思うと、見たこともない空間が視界に入り、彼女は唖然とする。
「あっ!マシロぉ!」
少し離れていた場所にいた同じく寝間着姿のチィコとコトバが走ってマシロの前までやってきた。
「ねえ、ひょっとしてさ、何か目の前にノイズ?みたいなの走った?」
「うん…。何だか気味悪いね…」
しきりに抱きついてくるチィコを手で制しながらマシロが訊くと、コトバは心底気味が悪そうに答える。その次の瞬間ドサドサッと何かが落ちる音が聞こえ、彼女達の前に不可思議なモノが現れる。
「全部終わりましたよ。全く、人使いの荒い方ですね…」
「そう言ってくれるな、アリア」
上から聞き覚えのある声が響き、マシロ達が見上げた先には、夕方出会った先輩が空中に浮いた椅子に座っていた。
「おい、こんな深夜に呼びやがって!先輩か何だか知らねぇがとっとと返しやがれ」
「サエキ君、少し黙っててくれ」
穏やかだが、全く感情が無い声で返され、マシロ達からそれなりに離れた場所にいたサエキは渋々黙った。
「じゃあ皆、俺の後ろにきて。ゲーム、始めるから」
先輩が言うと、十二人はその通りに動いた。途端、薄暗かった空間が突然明るくなり、彼らのいる空間はさながら空中にいるようになっていた。
「これ、ボクらの…街?何でこんなに高く…」
「そう、俺達の街だよ。ここは、さっき言ったロボットのコックピット。そして、あれが敵」
そう言う間に、正面に「敵」が現れる。足からじわじわと現れたそれは…
「うえぇ、カマドウマみてえだな…」
タイラの言葉通り、それはカマドウマによく似た形状をしていた。
「それじゃ、動くよ」
「あ、このロボットって操縦桿とかは…」
発言したマリサの後ろにいた気弱そうな少年を先輩は少し見ると、両手を上げる。直後、機体が動き出し、彼らは慣性の法則によってバランスを崩した。
「見ての通り、こいつには操縦桿なんて要らない。こいつは操縦者が念じれば動く。分かったかい、トモ君」
質問したトモという少年は頷いて答えた。先輩はそれを確認して続ける。
[ぼくらの-ダスキンver.-序章「先輩」?]の続きを読む
  1. 2008/04/24(木) 19:35:26|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。